MENU

AGAの典型的なパターンである頭頂部の薄毛にはフィンジアの有効成分が効果的だった!

頭頂部の薄毛は男性によく見られるパターンの1つですよね。実はこちら、男性型脱毛症:AGAの典型的なケースの1つだったりします。つまり、男性ホルモンによる薄毛として表れやすい形なんですね。そして男性ホルモンという遺伝的な要素が強い部分なだけに「生まれつきハゲやすい体質だからどうしようもない」とあきらめている人が多いのも事実。

 

もちろんはある程度症状が進行してしまうとAGA治療をもってしても改善するまでにそれ相応の時間が必要となってしまいます。しかしいち早く薄毛に気づき、早めの対策を取り入れることによって効果的に改善できる可能性が高いです。

 

そんな頭頂部の薄毛に効果的な育毛剤として注目されているのがフィンジアなんです。今回は頭頂部の薄毛の原因とフィンジアの効果を合わせて紹介していきたいと思います。

 

頭頂部の薄毛、一番の原因は男性ホルモン!

上記した通り、頭頂部の薄毛は男性ホルモンによって引き起こされており、典型的なAGAのパターンです。この男性ホルモンは自力でどうこうできるというものではありません。テストステロンという男性ホルモンの大半を占めている物質が5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロン:DHTに変換されます。

 

このDHTは特定の場所に集中する傾向があり、それが頭頂部であり、前頭部でもあります。要するに日本人によく見られるハゲのパターンを作り出しているのはDHTということですね。

 

そこでAGA治療ではテストステロンがDHTに変換されないように5αリダクターゼの働きを阻害するための医療成分「フィナステリド」を使用しています。

 

とここまでは一般的なAGA治療の話です。フィンジアの場合はどうなのかをチェックしていきましょう。

 

まずフィンジアには「キャピキシル」という成分が配合されています。このキャピキシルはアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3の2つの成分によって構成されています。このうち、アカツメクサが男性ホルモンをコントロールする作用を持っているんです。

 

アカツメクサには豊富なイソフラボンが含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きを持っています。女性ホルモンは男性ホルモンと相反するもので、男性ホルモンの活動を抑制する効果があります。つまり、フィンジアに含まれるキャピキシルを育毛剤として使用することにより、頭頂部の薄毛の原因である男性ホルモンを抑制して進行をストップさせられると期待されています。

 

またアセチルテトラペプチド-3は毛根部分にあたる「毛包」を活性化させ、より強く、丈夫にする働きを持っています。これによって髪の毛が抜けにくくなります。

 

つまりキャピキシルはAGA特有の抜け毛の原因、そしてそもそもの髪の毛の丈夫さを向上させることで総合的に抜け毛改善に期待できる成分だと言えます。フィンジアにはこのキャピキシルが5%配合されています。

 

頭頂部は血行不良に陥りやすい?

育毛の世界では血液の流れが良いほど効果的だと言われています。そして頭頂部は人体の中でも最上級に血行不良に陥りやすい部位だったりします。

 

心臓から遠いですし、重力によって上手く循環できないのは何となくイメージがつきますよね。さらに頭皮には「毛細血管」と呼ばれる細い血管が張り巡らされています。この毛細血管を非常にデリケートで、血液がサラサラの状態なら上手く循環できるのですが、ドロドロ血液だったり、そもそも血管がもろくなっていると上手く血液を循環させることができません。こういった理由からも、頭頂部は血行不良に陥りやすいんです。

 

そこでAGA治療の現場ではミノキシジルを使用することによってこれをカバーしています。ミノキシジルは血行促進効果の強力な成分です。しかし強力ゆえに副作用のリスクもあり、誰でも安心して使えるかと言えば微妙なところでしょう。

 

フィンジアには「ミノキシジル誘導体」と呼ばれるピディオキシジルという成分が配合されています。このピディオキシジルはミノキシジルとほぼ同じ構造式を持っており、ミノキシジルの副作用の部分を取り除いたのがピディオキシジル、とされます。つまり、安心して使えるミノキシジルのようなものです。

 

フィンジアにはピディオキシジルが2%配合されており、これは現状国内では最高濃度となる配合量です。

 

生活習慣にも気をつけて!

このように頭頂部の薄毛は男性ホルモンだったり、血液の巡りが悪かったりと先天的な部分、フィジカル的な部分がかなり大きく影響していることが分かります。なのでこれらに上手く対処できる育毛剤としてフィンジアが注目されるのも納得ですね。

 

もちろんフィンジアを使えば改善が期待できるわけなのですが、これだけでは不十分なことがあります。それは生活習慣が極端に乱れている場合だとどうにもならない可能性がある、ということです。

 

例えばいくらフィンジアがAGAの原因となるフィンジアを抑制しても、頭頂部の血行を促進させたとしても、そもそも髪の毛の材料となる栄養が不足していては意味がありません。また、髪の毛を成長させるためには睡眠時に大量に分泌される成長ホルモンが必要不可欠です。仕事が忙しいなどの理由で慢性的な睡眠不足や、質の悪い睡眠が続いていると成長ホルモンが上手く分泌されず、これが原因で髪の毛が生えてこない可能性だって出てきます。

 

なので、理想的な頭頂部の薄毛を改善する方法としては、フィンジアを使用すること、そしてできるだけ「良い」と言われている生活習慣を心がけることが大切です。

フィンジア

フィンジアの購入はこちらから

フィンジアの公式サイトへはこちらから