MENU

M字ハゲの原因にしっかりと働きかけるフィンジアに期待が集まる!

M字ハゲは男性に見られる薄毛のタイプになります。実はこちら、男性型脱毛症:AGAの典型的なパターンの1つだったりもします。

 

M字ハゲは生え際からどんどんおでこが広くなっていくため、非常に目立ちやすいですし、前髪で隠そうとしてもそもそも髪の毛が少ないので対応しづらいのもネックだったりします。

 

そこでM字ハゲに良い育毛剤として注目されているのがフィンジアなんですね。今回はM字ハゲの原因とそれに働きかけるフィンジアの仕組みを紹介していきたいと思います。

 

遺伝的な要素(男性ホルモン)

M字ハゲは非常に遺伝的な要素が強いと言われています。ですので親族の中にM字ハゲの人がいると結構な確率で遺伝してしまいます。

 

遺伝による要素=男性ホルモンと考えてもらって差し支えないと思います。つまり、M字ハゲを解決するためには男性ホルモンを上手くコントロールできれば良い、ということになりますね。

 

実際、医療の現場で処方されているAGA治療薬であるプロペシアはM字ハゲに効果的だと言われています。これはAGAの原因である男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあるからです。

 

ではフィンジアはどのように働きかけるのでしょうか。フィンジアには有効成分として「キャピキシル」が使用されています。このキャピキシル、アカツメクサとアセチルテトラペプチド-3が合成された成分です。

 

これらのうちアカツメクサにはとても豊富なイソフラボンが含まれています。そしてイソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きを持っているんですね。つまり、M字ハゲの原因となる男性ホルモンの抑制に1役買ってくれることになります。だからこそフィンジアがM字ハゲに有効だと言われているんですね。

 

毛細血管の数が少ない

M字ハゲは「おでこ」から徐々に広がっていくAGAのパターンの1つです。実はこの部分は毛細血管の数が少ない傾向にあるそうです。

 

髪の毛が成長するためには血液から栄養などの要素を取り入れていく必要があります。そして毛細血管が髪の毛にダイレクトに送っています。つまり、毛細血管の数が少ない=髪の毛の活性が落ちる…と判断できますね。

 

病院でM字ハゲの治療薬としてミノキシジルが処方されているのはこれを解決するためです。ミノキシジルは血管を拡張して血流を増やす働きがあると同時に、血管そのものを増やす働きもあります。つまり、毛細血管そのものを強化する力が備わっているわけです。

 

そしてフィンジアには「ピディオキシジル」という成分が配合されています。このピディオキシジル、別名「ミノキシジル誘導体」だったりします。つまり、ミノキシジルと非常によく似た働きを持っている成分というワケですね。違うのは「副作用のリスクを取り除いている」ということです。つまり、ピディオキシジルは安心して使えるミノキシジルと考えていいでしょう。

 

生活習慣も見直してみよう

フィンジアがM字ハゲに有効な仕組みは以上となります。大きくまとめると次の通り。

  • キャピキシルによる男性ホルモンの影響を抑制する
  • ピディオキシジルによる毛細血管の強化で髪の毛の活性を高める

これはプロペシアとミノキシジルの両方を備え持っていると言っても過言ではありません。

 

そしてM字ハゲはこれらの遺伝的な要素だけでなく、生活習慣によって引き起こされているケースもままあります。

 

例えばシャンプーのすすぎ残しが起こりやすい部分ですし、洗面所で洗顔した時、思っている以上におでこに泡が残っていたりしないでしょうか。こういった小さなダメージの積み重ねでM字ハゲになっているケースは結構多いらしいです。

 

またその他にもストレスだったり、不規則な生活リズム、栄養バランスがとれていない食習慣を続けていることが原因にもなりうるでしょう。

 

これらを強く意識して、フィンジアだけに頼るのではなく、総合的にM字ハゲを改善していくように心がけるだけで随分と違ってくるはずです。

フィンジア

フィンジアの購入はこちらから

フィンジアの公式サイトへはこちらから